新着情報

最新A横全判オフセット輪転機を導入、
生産性がアップしました!

2012.9.21

A横全判オフセット輪転機
今回導入の輪転機には折機+A全判出力可能なシーターを装備しました。

A横全判両面オフセット輪転機 SYSTEM 38Sの2台体制により、
生産性・付加価値性がさらに飛躍的に向上。

弊社では2台目の導入となる株式会社小森コーポレーション製の最新鋭A横全判オフセット輪転機SYSTEM 38Sが、2012年8月28日より稼働を開始しました。

A判規格のオフセット輪転機は全国的にも稼働台数が少なく、弊社の大きなアピールポイントとなっています。

今回、最新のA判オフセット輪転機が2台体制となったことで、生産性や付加価値性が飛躍的に向上し、お客さまのさまざまなニーズへさらに細かく対応できる環境が整いました。

主な特徴

小森コーポレーション製 A横全判両面オフセット輪転機 SYSTEM 38S
  • ● 最大毎分800回転(毎時48,000回転)という高い生産性を発揮。
  • ● 従来機とくらべ、小ロット印刷にも柔軟な対応が可能。
  • ● 品質安定性、生産性、コストパフォーマンス、環境対応もさらに向上。
  • ● 印刷から断裁・折加工・結束までを1ラインで完結。
  • ● 折機とA全判出力対応のシーターを装着し、多様なニーズへ柔軟に対応。

既存の同型輪転機も今回ブラッシュアップ、
インラインでの折加工に特化しました。

A横全判オフセット輪転機
2台の折機を装備。複雑な折加工もインラインで対応します。

主な特徴

小森コーポレーション製 A横全判両面オフセット輪転機 SYSTEM 38S
  • ● 最大毎分800回転(毎時48,000回転)という高い生産性を発揮。
  • ● 小ロット印刷にも柔軟な対応が可能。
  • ● 印刷から断裁・ミシン加工・折加工・結束までを1ラインで完結。
  • ● 品質安定性、生産性、コストパフォーマンス、環境対応も高いレベルで実現。
  • ● インラインで17種の折加工が可能。製本コストの縮減にも寄与。